アイデアの出し方

アフォーダンス

動物にとっての環境の性質

アフォーダンスをピックアップすることは、ほとんど自覚なしに行われます。従って環境の中にあるものが無限のアフォーダンスを内包していることに普通は気づきません。しかし、環境は潜在的な可能性の「海」であり、私たちは、そこに価値を発見し続けているわけです。

アフォーダンスを発見するためには、全身での経験が必要な場合があります。そのための知覚と、行為を直接的に結びつけた、新しい人工知能の一つに「クリーチャー(アーティフィシャル・クリーチャー)」があります。それは、「環境中の障害を避けて目標に近づく」という「環境についての内部モデル」を持たないとてもシンプルなものです。

伝統的AIを用いたロボットでは、数時間をかけて1m進むのがやっとだったのが、クリーチャーは人間の歩行と同じ速度でサンプルの収集を行えます。
クリーチャーはアフォーダンスの理論に基づいて設計されたわけではないのですが、多くの点で部分的に実現しているとも考えられます。

グー!